アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

水と腸内環境の関係

私たちが生きていく上で、水は欠かせない存在です。人の体は6割以上が水分であり、外からとり入れた水を体の中で利用し、排出する機能が備わっています。水を摂らないでいると、汗や尿として水分がどんどん排出されてしまい、脱水症状を引き起こしてしまいます。

口から摂取した水は、消化器官を通って腸にたどり着き、主に大腸から吸収されます。水分を摂り過ぎると、大腸で吸収できる水分量を上回ってしまうため下痢になり、逆に水分が足りないと便が固くなって便秘になってしまうのです。

水は常に大腸から吸収されて、その後排出されるため、十分な量を定期的に摂取する必要があります。便秘にならないよう、腸の中で水分を十分に保つためには、水を蓄える機能を持った糖類や食物繊維を摂取すると良いでしょう。

水の種類

軟水や硬水という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。水は含まれる成分の量により軟水と硬水に分けることができます。水の化学式である「H2O」は非常によく知られているかと思いますが、実際に私たちが口にしている水の多くは、純粋な水であるH2Oに、様々な栄養素が溶け込んでいるのです。

水に含まれる栄養素の代表的なものに、マグネシウムとカルシウムがあります。このマグネシウムとカルシウムが含まれる量によって、水は軟水と硬水に分けることができます。WHOの規準では、水1リットルに含まれているマグネシウムとカルシウムの量が120ミリグラム以上の場合を硬水とし、それ以下のものを軟水と呼んでいます。

軟水

日本の水道水のほとんどが軟水であるといわれています。軟水は口当たりがやわらかく、味もほとんどありません。その特徴から、出汁などの香りを大切にする和食をつくるときや、コーヒーや緑茶を淹れるときに適しています。また、硬水と比べて石鹸の泡立ちがよく、肌への刺激も少ないことから、家事や入浴に用いるには軟水が向いています。

硬水

外国産ミネラルウォーターは、硬水のものが多く売られています。軟水と比べると、独特の苦味やクセがあり、やや飲みづらい感じがする方もいるかと思います。しかし、カルシウムやマグネシウムの健康効果を得るには、軟水よりも硬水のほうが適しています。また、硬水を調理に使うと、肉の臭みを消し、野菜などのアクが出やすくなりますので、洋食やエスニック料理には向いていると言えるでしょう。

炭酸水

最近では、炭酸ガスが含まれた水である炭酸水も簡単に手に入るようになりました。炭酸水に含まれる炭酸ガスには疲労回復効果があります。さらに炭酸の刺激で胃腸の動きが活性化され、排便促進の効果も期待できます。炭酸ガスで満腹感も得られるため、食前や食中に飲むことで食事量を抑えることができます。

硬水の効果

硬水に含まれるマグネシウムやカルシウムには、腸内環境を改善する効果があります。その具体的な効果とメカニズムは以下のとおりです。

マグネシウムによる便秘解消効果

マグネシウムには、腸の中で水分を保ち、便を柔らかくする作用があります。マグネシウムイオンは水分子と強く結合する性質を持っているため体内に吸収されにくく、大腸に長時間とどまるようになります。これによって、便の水分量が増え、排便が促されるのです。薬として販売されている多くの下剤にも、有効成分として酸化マグネシウムが配合されています。

カルシウムによる蠕動促進効果

カルシウムには、腸の働きを活発化させる作用があるといわれています。また、水に含まれるカルシウムは吸収率が高く、骨粗鬆症などカルシウム不足が原因となる疾病の予防にも効果的です。

水の飲み方

水を飲むタイミングとして、朝起きたときにコップ1杯(200ミリリットル程度)の水を飲むと良いと言われています。寝ている間に汗をかき水分が減った体に水分を補給するとともに、水の重みで胃腸が活性化され、朝の便通が促されます。さらに、入浴前と寝る前にもコップ1杯の水を飲むことで、脱水を防ぐことができます。1日に飲むと良いとされている水の量は、およそ2リットルです。のどが渇いてから大量に飲むのではなく、喉の渇きを感じる前に少しずつ分けて飲むようにしましょう。

硬水は独特の風味がありますが、しっかり冷やしたり、少量のレモンを絞ったり、ミントの葉を入れて清涼感のあるミントウォーターにしたりすることで飲みやすくなります。毎日の生活に水を飲む習慣をとり入れて、腸の環境を整えましょう。

お悩み別!
「腸活」体験をしてみました