ラクトフェリン

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンは、鉄分と結びつきやすい「鉄結合性」という性質を持った糖タンパク質です。ラクトフェリンの粉末は、ほんのりと赤い色をしていますが、これは結合した鉄によるものです。

発見されたのは1939年と言われており、牛乳に含まれている「レッド・プロテイン(赤色タンパク質)として報告されました。母乳をはじめ、汗や涙、唾液などの外分泌液に含まれていますが、私たちが食用として用いているラクトフェリンは主に牛乳からつくられています。配合量を比較すると、母乳の中でも特に初乳と言われる、産後すぐに分泌される母乳に多く含まれ、その量は100mLあたり約600mgです。

その後、通常の母乳になると、ラクトフェリンの量は3分の1程度になります。牛乳に含まれるラクトフェリンは母乳の10分の1程度と言われていますから、母乳、特に初乳に含まれるラクトフェリンがいかに多いかがわかるかと思います。

ラクトフェリンが初乳に多く含まれているのは、生まれたばかりの赤ちゃんを感染症などのリスクから守るためといわれています。涙などの外分泌液に含まれるのも、人の皮膚や粘膜など外部と接する場所で、人を保護する役割を果たしていると考えられ、バリア機能や健康維持に深い関わりがあることがわかります。

ラクトフェリンの効果

様々な健康効果があることから、「多機能タンパク質」とも呼ばれているラクトフェリン。その効果について詳しくみてみましょう。

細菌やウイルスに対する効果

ラクトフェリンには抗菌・抗ウイルス作用があります。細菌には鉄を必要とする種類が多くいますが、ラクトフェリンは鉄結合性があるため、細菌から鉄を奪うことで、細菌の増殖を抑えていると考えられています。ラクトフェリンが持つ鉄の割合が増えるほど抗菌性が低くなることからも、鉄を奪うことによって抗菌性を発揮していることがわかります。

さらに、一部の細菌に対しては、細菌の細胞を守っている細胞膜や細胞壁の働きを弱めることで細菌の活性を抑える作用があり、それらの相乗効果で細菌を抑えると考えることができます。さらに、冬場の感染が多いウイルスに対しても、ラクトフェリンがウイルスに張りつくことで、ウイルスが細胞に侵入するのを抑える働きがあるといわれています。

免疫力を回復させる効果

人の体にはいくつもの免疫機能が備わっていますが、ラクトフェリンはその中でも「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働きを高めることがわかっています。血液の成分である白血球の一種であり、外敵の侵入に対していち早く攻撃を行なうNK細胞ですが、加齢とともにその働きは落ちていきます。ラクトフェリンによってNK細胞が活性化されることで、免疫機能が高まると考えられます。

腸内環境を改善する効果

腸内に存在している腸内フローラには、善玉菌、悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌が混在しています。ストレスや食習慣、加齢など様々な要因によって菌のバランスが変わり、悪玉菌が多い状態になると、便秘や下痢などの胃腸の不調にはじまり、生活習慣病などにつながる恐れもあります。腸内環境に対するラクトフェリンの効果を調べた実験では、ラクトフェリンを加えた牛乳を飲んだマウスは、牛乳だけを飲んだマウスと比べて、大腸菌の数が抑えられたことが報告されています。一方、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は成長にあまり鉄を必要としないこともあり、ラクトフェリンの抗菌性の影響は受けず、むしろ増殖することがわかっています。

ラクトフェリンの摂取方法

ラクトフェリンは牛乳などの乳製品にも含まれていますが、販売されているものの多くは殺菌などの加工により大半が失われています。効果を得るのに十分な量のラクトフェリンを摂取するには、ラクトフェリンを添加したヨーグルトや機能性ミルク、サプリメントなどで摂り入れるのがよいでしょう。ラクトフェリンは高温や胃酸などの酸に弱いため、なるべく食前や食後1時間以上あけて摂るようにしましょう。また、効果を実感するまでには時間がかかります。およそ3ヶ月を目安に、継続するようにしましょう。

ラクトフェリンの安全性

ラクトフェリンは我々が普段から口にしている牛乳やチーズにも含まれており、現時点で重い副作用の報告はありません。また、乳アレルギーを直接引き起こすものではありませんが、ラクトフェリンにアレルギー反応を示す場合がありますので、摂取は少量ずつ始めたほうがよいでしょう。

お悩み別!
「腸活」体験をしてみました