フェカリス菌

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

フェリカス菌とは

フェカリス菌は、もともと人間の体内に生息する乳酸菌の一種です。ビフィズス菌やラクトバチルス菌などは棒状の形をしていますが、フェカリス菌は球状の形をしており、「乳酸球菌」に分類されています。一般的な乳酸菌よりも分子が非常に小さく、そのサイズは約1ミクロン(1ミリの1/1000)。ほかの乳酸菌の約1/5程度です。そのため少量でも大量の菌を摂取できます。また、分子が小さいので狭いところまで行き届き、優れた作用が期待できると言われています。

また、ほかの乳酸菌は生きたまま腸に届ける方が良いとされていますが、フェカリス菌は殺菌処理をした死菌の状態で摂り入れても効果を発揮します。死菌状態で摂り入れると、乳酸菌などの善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内環境が整うと考えられています。一方、生きたまま摂り入れることもでき、その場合はほかの乳酸菌と同様に、腸内環境の改善に働きかけます。

フェリカス菌の効果

フェカリス菌は小腸に直接作用し、消化・吸収を活性化させるなど、腸内環境の改善に働きかけます。

また、加熱殺菌処理されたフェカリス菌は腸内の免疫細胞を活性化する作用があることが分かっています。免疫のバランスを整えてくれるので、花粉症などのアレルギーになりにくい体質づくりにも役立つと言われています。ラットにフェカリス菌を投与した実験では、花粉症などのアレルギー疾患に使われる抗ヒスタミン剤と同程度のアレルギー症状の緩和が見られたという報告もあり、強い抗アレルギー効果があるとされています。

ほかにも、コレステロール値低下、高血圧予防、美肌などにも作用すると言われ、万能な働きを持つ菌でもあります。

フェリカス菌の
オススメ摂取方法

フェカリス菌が入ったヨーグルトや乳性飲料などから摂取できます。毎日継続して摂取することで免疫力が高まるため、継続的に摂取していきましょう。ちなみに、フェカリス菌を含む乳性飲料を毎日1本継続摂取することで、花粉症の症状が大幅に改善されたという例もあります。花粉症に悩まされている人は、続けて摂ると良い効果が期待できるかもしれませんよ。

お悩み別!
「腸活」体験をしてみました