血液を綺麗にする

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

体調を映す鏡、血液

血液は、健康な体を保つために休むことなく体中をめぐり働き続けています。

健康診断で血液検査を必ず行うのは、酸素を細胞のすみずみに届け、二酸化炭素を受け取る、栄養素を届けて不要なものを回収する、ホルモンを運ぶ、体温を一定に保つ、細菌やウイルスと戦う、出血を止めるなどの、多くの機能を持っている=色々な体の情報が詰め込まれているから。血液は、体調を映す鏡であり、体のバランスを整えるために重要なものなのです。

腸と血液の質の関係

血液は、複数の物質からできています。栄養素やホルモンを全身に運ぶ「血漿」、酸素を全身に届けて二酸化炭素を回収する「赤血球」、血液を固まらせて出血を止める「血小板」、細菌やウイルスへの抗体を作り、体を守る「白血球」などです。

このうち、血漿には血漿タンパク質やイオン、糖質、脂質、栄養成分、細胞の代謝物などが含まれています。赤血球や白血球、血漿タンパク質などは体内で作られ、イオン、糖質、脂質などは体外から栄養素として摂り入れられています。

つまり、食べものの種類や、食べものを消化・吸収する腸の働きは、血液の質も左右するのです。

例えば、腸内環境が悪化すると、腸の粘膜がもろくなり、穴が開いてしまう「リーキーガット症候群」という状態が起こります。こうなると、栄養素の消化が不十分な状態で体内に吸収され、大きな分子のまま血液に入り込むことになり、全身の炎症やアレルギーを招く恐れがあります。

血液を綺麗にするには?

血液は体を維持し守るために休むことなく働き続けていますが、献身すぎるが故、有害物質も一緒に運んでしまうため、肝臓の負担が増えるのはもちろん、処理しきれなかったものは全身に運ばれてしまうのです。

そのためにも血液の質を高める腸の働きは重要となってきます。栄養素の消化・吸収を行う腸の環境を整えることは、綺麗な血液を作るうえでとても大切です。腸内環境を整えるためにも、適度な運動を心掛け、質の良い食事やサプリメントなどでバランス良く栄養を摂取していきましょう。

腸内を整えるのを助ける
サプリメントについて詳しく見る

参考サイト・参考文献

  • 腸内細菌が支える腸の7つのはたらき(NPO法人レックス・ラボ)P25~P28