吸収をする

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

風邪や病気と無縁な体を作るためには、栄養バランス良く摂ることが大切です。しかし、腸内環境が整っていないと、栄養素が十分に吸収されなくなってしまいます。腸内環境を整える大切さを理解しておきましょう。

吸収とは

胃や小腸でドロドロに溶けた食べ物は、小腸にある絨毛で体に必要な栄養素を吸い取られます。

絨毛を拡大するとさらに細かい絨毛があり、その絨毛を広げた腸全体の表面積はバドミントンコートの半分くらいとなります。

この絨毛の表面から栄養素を吸収されますが、栄養素はすべて絨毛から吸収されるのではなく、糖やアミノ酸、ペプチド、ビタミン、ミネラルなどは専用の取り入れ口から吸収します。

腸で吸収されなかったものは残った水分だけが吸収され、残りは便として排出されます。

栄養と病原菌を選別する
腸内細菌

体に必要な栄養素は絨毛を通して吸収されますが、反対に不要な栄養素や異物は体外に排出されます。このように、腸に運び込まれた食べ物が有害か無害化を瞬時に判別するのが腸内細菌です。

腸の免疫機能が働かないと
どうなる?

腸内細菌の働きが不十分だと腸の機能が弱まり、腸壁の粘膜が荒れてしまいます。

腸壁が荒れてもろくなると、たくさんの穴が開き、炎症物質や菌、ウイルス、分解されていない状態のタンパク質など、有害な物質が血液に漏れ出して血液に乗って全身にまわってしまう、リーキーガット症候群が起きてしまうのです。

リーキーガット症候群になると、栄養素の消化が不十分な状態で体内に入り込みやすくなり、細菌や毒素なども未分解の状態で腸の穴から吸収されてしまいます。食べ物が大きな分子のまま体内に侵入してしまうため、食物アレルギーを引き起こす原因にもなるのです。また、腸が正常に働かなくなりエネルギーの供給バランスも崩れてしまいます。

リーキーガット症候群を防ぐためにも、腸内細菌を増やして丈夫な腸壁を作ることが大切です。腸内環境を整える食生活やサプリメントの利用を積極的に実践しましょう。反対に、抗生物質の乱用や食品添加物の摂取などは腸内細菌をダメにするため、摂取には注意が必要です。

腸の免疫機能を助ける
サプリメントの種類を詳しく見る

参考サイト・参考文献

  • 腸内細菌が支える腸の7つのはたらき(NPO法人レックス・ラボ)P13~P16