免疫力UP! 腸内環境改善完全マニュアル » こんなにも働き者!腸の知られざる機能

こんなにも働き者!腸の知られざる機能

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

腸は胃の幽門から肛門まで続く消化管です。細菌は「腸活」というキーワードが浸透し、健康に良さそうだからなんとなく腸に良さそうな食べ物を摂ってみよう…という方も増えているようです。でも、腸がどんな役割を果たしているか、正確に把握している方は少ないことでしょう。実は、腸は食べ物の消化や吸収、排泄だけでなく、秘められた役割をもつという、極めて重要な器官なのです。

消化する

消化は腸の重要な役目です。腸では、口、胃までに消化しきれなかった食物繊維やオリゴ糖、食べカスなどを分解し、エネルギーに転換しています。それを行っているのが腸内細菌です。腸内細菌は、人が持っている消化器官では消化できない物質を発酵させる力があり、私たちの健康維持に貢献してくれています。食べ物から摂取した栄養素をしっかり取り込むためには、腸内細菌にとって良い環境を作ることが大切です。

腸の消化する働きについて
もっと見る

吸収をする

胃や腸で食べ物が分解され、ドロドロに溶けた状態になると栄養素の吸収が行われます。栄養素を吸い取る機能は、おもに小腸にある絨毛という部分が担っています。繊毛に吸収されなかった食物繊維やミネラルなどは、水と一緒に大腸に送りこまれ、水分が吸収されて残りは便として排泄されます。私たちにとって必要な栄養素か、不要な栄養素かの識別も、実は腸内細菌が行っています。腸内細菌の働きが弱まると、腸壁にたくさんの穴が開き、リーキーガット症候群という病気を発症する恐れもあります。

腸の吸収する働きについて
もっと見る

ビタミンを合成する

腸の機能は、消化・吸収だけではありません。美容と健康を維持するために必要なビタミン類や酵素、ホルモンなども腸が作っているのです。ここでも腸内細菌が深く関わっています。腸内細菌がこれらの物質の生成にどのような影響を与えるのか解説します。

ビタミンの合成する働きについて
もっと見る

感染症を防ぐ

風邪や病気から体を守る機能を、免疫機能と言います。私たち人間の免疫機能は、70%が腸に集中し、残りの30%は心が作ると言われています。腸内環境が悪化すると、悪玉菌が優勢になり、免疫力が弱まって風邪や不調が起こってしまいます。免疫の仕組みや、免疫力を高めるためのポイントをまとめましたので、ぜひご参考ください。

感染症を抑制する働きについて
もっと見る

デトックスする

デトックス=解毒を行う肝臓や腎臓は、飲食の度に休む暇なく働いています。そのため負担が大きくなりがちです。この負担を和らげているのが腸です。腸は体内に入ってきた有害物質をブロックする第一関門で、腸でも解毒処理が行われています。腸で消化できなかった有害物質が肝臓やすい臓に送られて解毒処理されるため、肝臓やすい臓の負担を和らげるためにも、腸の環境を整えることがカギとなります。

デトックスする働きについて
もっと見る

血液を綺麗にする

血液は体のすみずみに酸素や栄養素を送り届ける働きをしています。腸で栄養素の消化・吸収をしっかり行うことで、綺麗な血液ができるのです。反対に、栄養素の消化が不十分な状態だと、栄養素が大きな分子のまま血液に入り込み、全身の炎症やアレルギー疾患を招く恐れがあります。

血液を綺麗にする働きに
ついてもっと見る

排泄する

排泄は、消化の最終器官である大腸の役目です。大腸にたどりつくのは小腸までに消化されなかった食物繊維やミネラル、食べ物のカスなどで、水のような状態になっています。そして、大腸を移動するうちに水分が吸収され、便として排泄されます。この排泄に深く関わっているのが、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸という物質です。短鎖脂肪酸が増えると、腸が元気になり、下痢や便秘などの排泄トラブルが起こりにくい状態になります。短鎖脂肪酸は、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌が発酵して作りだしているものなので、腸内細菌のバランスを整えることが、ここでも大切になってきます。

排泄する働きについて
もっと見る