バランスがカギの腸内フローラ

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

腸内フローラとは?

私たちの体には、小腸から大腸にかけて、200~300種類、600兆個以上もの腸内細菌が住み着いています。細菌は、種類ごとにチームを結成し、腸の壁面に住んでいますが、住める場所が限られているため、互いにひしめき合いながらびっしりと生息しています。その状態が、まるで花畑の様子であることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。腸内フローラを構成するのは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類です。

腸内フローラを構成する
代表的な腸内細菌の働き

善玉菌

健康的な体づくりをサポートしてくれる菌です。腸の消化・吸収を促進し、おなかの調子を整えます。また、免疫力を高める働きもあり、悪玉菌の力を抑えて風邪や病気になりにくい体を作ります。ビタミン類やホルモンを生成する働きもあり、健康維持には欠かせない存在です。

悪玉菌

有害物質を作り、体に悪影響を及ぼす菌です。本来、腸では善玉菌が有害物質の解毒をし、そこで解毒しきれなかった毒素を肝臓で処理しますが、悪玉菌が増えすぎると腸内の解毒機能が追いつかなくなり、肝臓の負担が大きくなります。肝臓での解毒も追いつかなくなると有害物質が体中にまわり、生活習慣病、がん、老化などを引き起こします。腸内環境が悪化するため、便秘や下痢が起こりやすくなります。

日和見(ひよりみ)菌

善玉菌と悪玉菌の優位な方に味方する、どちらにも属さない菌です。善玉菌が優位の時にはビタミンの生成に働きかけるなど体に良い働きをしてくれますが、悪玉菌が優位になると有害物質を作るようになります。

一人一人違う腸内フローラ

私たち人間は無菌状態で生まれた後、母親やまわりの環境から細菌をもらいますが、年齢や生活習慣に応じて、その数や種類は変動しています。菌の数や割合は一人ひとり異なり、同じフローラを持っている人はいません。「この菌が適している」というのも、人によって異なるのです。善玉菌を摂るように意識することは大切ですが、一つの菌に偏るのではなく、バランスの良い腸内環境を保っていくことが重要です。

生活習慣から腸を整える方法を
詳しく見る

サイト監修者
藤田紘一郎先生に聞いてみました

当サイトの監修者・藤田紘一郎先生は、腸内環境の専門家。ここでは、腸に関する素朴な疑問について先生に詳しく解説していただきました。ぜひ、腸内環境改善のために役立ててください!

藤田紘一郎先生

藤田紘一郎先生

東京医科歯科大学名誉教授。寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学を専門分野とし、公衆衛生や腸内環境に関する多数の著書を執筆しています。過去に、自らの腸で15年にわたってサナダムシを飼育したという経験を持つ、腸内環境のエキスパートと言うべき研究者です。

「家系的に胃腸が弱い」という人がいますが、そういう体質が遺伝することはあるのでしょうか?

免疫力や腸内環境が遺伝するということはありません

もともと胃腸の弱い人、風邪をひきやすい人というのはいないんです。

身体の不調を招きやすい人というのは、遺伝ではなく、生活習慣によってそういう体質を作ってしまっているのです。家族全員にそういう傾向があるのなら、その家庭の生活環境や生活習慣が、悪い腸内環境を受け継がせてしまっているのかもしれません。

リスク遺伝子に関する研究も行われていますが、健康や寿命とリスク遺伝子の数には関係がないというデータも報告されています。100歳まで生きた人も、50歳で亡くなった人も、リスク遺伝子の数に差はありません。

参考文献

  • 藤田紘一郎(2011)『腸内革命』海竜社