腸内フローラ検査

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

自分の腸内環境を調べるには?

腸内環境を改善した方が良いことはわかっていても、現在の自分の腸内環境がどうなっているのか判らない……そんな方も多いのではないでしょうか?

現在、専門のクリニックを受診するなどして受けることができる「腸内フローラ検査」というものがあります。自分の腸内環境と真剣に向き合ってみたい方は、ぜひチェックしてみましょう。

腸内フローラ検査とは

腸内フローラ検査の目的

腸内には数百兆個もの常在細菌が住み着いており、それらが腸内でひしめきあう様子は花畑に例えられ「フローラ(細菌叢)」と呼ばれています。腸内フローラに住む細菌は体に良い働きをする乳酸菌・ビフィズス菌などの「善玉菌」、体に悪影響を与える「悪玉菌」、良い面も悪い面も併せ持つ「日和見菌」に分類され、これらの種類や割合は、人によって大きく異なります。

腸内フローラ検査というのは、その細菌たちの状態を調べる検査です。腸内フローラは日々の生活習慣や加齢などによって変化し、そのバランスが崩れてくると健康・美容にさまざまな悪影響を及ぼすようになります。腸内フローラ検査を受ければ、今後の健康対策を検討する手立てにもなり、様々な疾患の予防にも繋がるというわけですね。

腸内フローラ検査の方法

腸内フローラ検査にはいくつかの種類があるのですが、少量の採便だけで簡単に腸内環境を調べられるのが一般的です。検査キット自体は通販などでも購入でき、郵送で検査を実施してもらえます。ただし、その場合は検査結果に基づく専門医の説明や指導を受けることはできません。

一部の医療機関では腸内検査フローラ検査を実施しており、その検査結果をもとに診断を行い、食生活における栄養指導や、運動・睡眠といった習慣に関する指導を受けられます。指導の内容や方針については受診するクリニックによって異なるので、クリニックでの腸内フローラ検査を希望する際には、事前にwebサイトなどで情報収集しておくことをおすすめします。

なお、病院で検査を受けた場合でも保険は適用されないので、費用は全額自己負担になることも覚えておきましょう。

腸内フローラ検査でわかること

腸内フローラ検査にもいくつか種類があり、サービスごとに内容が異なります。一般的なものを例としてあげると

  • 体質(太りやすさ・腸のタイプ)
  • 腸内細菌の種類の多さ
  • 腸内細菌の構成・割合
  • 腸内細菌叢の推移

といったことがわかります。

こうした検査結果にはきちんとした根拠があり、たとえば「太りやすさ」については、肥満に大きな影響を与える細菌「ファーミキューテス門菌(Firmicutes)」や「バクテロイデーテス門菌(Bacteroidetes)」の割合を調べることで、体質の傾向を判定しています。ほかにも細菌の種類ごとにさまざまな特徴があり、それらの比率や多様性を調べるとことで、ひとりひとりの体質や悩みの解決に役立つ情報が得られるのです。

腸内フローラのバランスを改善するには?

腸内フローラのバランスを改善するには、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える必要があります。そのためには、善玉菌の栄養源となる食物繊維やオリゴ糖を摂取したり、乳酸菌や発酵食品をたくさん食べるようにすることが大切です。

忙しくて食生活や生活習慣を変えるのが難しい…という方は、サプリメントを活用するのがおすすめ。腸内細菌をサポートする成分はたくさんあるので、自分にピッタリ合うものを探してみましょう。

腸内環境を整えるための
注目成分をチェック!

腸内フローラ検査はどんな人にオススメなのか

腸内フローラ検査は、自分の腸内環境を客観的に調べることができるものです。すでに「腸活」に取り組んでいる方は、これまでの成果を判断する材料として活用できるはず。乳酸菌の摂取や食生活・生活習慣の改善を続けているのに今ひとつ効果を実感できない、という方は、腸内フローラ検査の結果を生かして腸活の内容を見直したり、これからの努力の励みにしたりすると良いでしょう。

また、お腹に関する悩みを抱えている方や健康な身体作りを目指したい方も、その方針を見定めるのに役立てることができそうですね。

腸内フローラ検査のこれから

現状では、腸内フローラ検査で割合を調べることができる菌の種類が限られており、それぞれの役割についても解明されていない部分があるそうです。

しかし、こうした技術が普及して研究が進むにつれ、人間にとって有用な菌が新たに見つかっていく可能性は大いにあります。そうなれば、私達の腸内フローラ環境をさらに改善し、健康に生きていくための手がかりが得られるようになるのかもしれませんね。

参考文献

  • 藤田紘一郎(2018)『病気にならない乳酸菌生活』PHP文庫
  • 藤田紘一郎(2011)『腸内革命』海竜社