腸内細菌とは

藤田紘一郎先生

【医学博士・藤田紘一郎先生監修】

このページは、腸内環境のエキストパート・藤田絋一郎先生に監修いただき、「ヘルスケア編集部」が作成したものです。 記事の内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

腸内細菌の種類

腸内細菌は、腸内に生息する菌のことです。

腸内には、健康づくりに欠かせない「善玉菌」、体に悪い影響を及ぼす「悪玉菌」、体が弱ったときに腸内で悪い働きをする「日和見菌(ひよりみきん)」の3種類が住んでいます。腸内細菌は200~300種類、120兆もあるとされ、年齢や食生活、ライフスタイル、サプリメントの服用などによって、善玉菌と悪玉菌の数やバランスが変わってきます。

善玉菌

消化吸収のサポートや、免疫力の強化、感染予防、ビタミン類の合成など、健康維持に貢献します。代表的な菌は、乳酸菌やビフィズス菌などです。

悪玉菌

腸内腐敗、発がん性物質の産生、悪臭のおならを発生させるなど、健康を害する菌です。悪玉菌が増えると、便秘や下痢になったり、臭いおならが出たりします。代表的な菌は、ブドウ菌、ウェルシュ菌、大腸菌(有毒株)などです。

日和見菌

善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方をします。健康なときはおとなしくしていますが、体が弱ると悪玉菌と共に腸内で悪い働きをします。代表的な菌は、バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌などです。

腸内細菌の働き

消化・吸収

食べ物などから摂った栄養は、小腸で消化・吸収されます。このとき、消化・吸収しきれなかった成分は大腸に送られ、今度は腸内細菌がカスを分解し、さまざまな物質を代謝します。私たちはこれらの物質を健康維持にあてているため、バランスの良い腸内環境ををつくることが大変重要になります。

ビタミン・ホルモン・酵素の合成

腸内細菌は腸と協力して、ビタミンK、ビオチン、葉酸、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミン類や、栄養分をを分解する消化酵素、幸せ物質と言われるドーパミンやセロトニンといったホルモンも合成する働きを担っています。

解毒・免疫

健康に悪影響を及ぼす成分を解毒処理しているのは肝臓ですが、肝臓の負担を軽減させているのが腸です。有害物質が体内に入るとまずは腸の免疫機能が働いて一次ブロックをし、ここで処理できなかったものが肝臓に送られて解毒されるのです。この腸でブロックした有害物質を解毒するのが腸内細菌。この解毒・免疫作用を効果的に機能させるために、腸内のバランスが大切なのです。

腸内細菌を正常な状態で保つには?

健康な生活を送るためには、腸内細菌を正常にしておく=善玉菌が優位な環境を整えることが大切です。良質な睡眠や運動、規則正しい生活習慣を心掛けると共に、食事やサプリメント等で、バランスの良い食生活を心掛けて、腸内環境を良くしておくことが、風邪や病気の予防にも繋がります。

生活習慣から腸を整える方法を
詳しく見る

サイト監修者
藤田紘一郎先生に聞いてみました

当サイトの監修者・藤田紘一郎先生は、腸内環境の専門家。ここでは、腸に関する素朴な疑問について先生に詳しく解説していただきました。ぜひ、腸内環境改善のために役立ててください!

藤田紘一郎先生

藤田紘一郎先生

東京医科歯科大学名誉教授。寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学を専門分野とし、公衆衛生や腸内環境に関する多数の著書を執筆しています。過去に、自らの腸で15年にわたってサナダムシを飼育したという経験を持つ、腸内環境のエキスパートと言うべき研究者です。

どうすれば腸内細菌の種類を増やせるのでしょうか?

腸内細菌が好む食品を幅広く摂るようにしましょう

毎日の食生活が一番影響します。単調なものばかりでなく、発酵食品や食物せんいなど、腸内細菌が好む食品を幅広く摂るようにしましょう

特にみそや納豆、しょうゆ、漬物といった日本の伝統的な発酵食品には、乳酸菌や麹菌、酵母菌などの善玉菌が多く含まれています。ただし、みそやしょうゆなどは1年以上かけてつくられたものを選ぶようにしてください。大量生産品の場合は、添加物や保存料が入っていて腸内細菌にダメージを与えることもあります。

穀類や根菜、果物、海藻といった食物繊維は、腸内細菌の好物。腸のぜん動運動を盛んにしたり、有害物質をからめとったりしてくれます。積極的に摂るようにしましょう。

私の場合は、「乳酸菌生成エキス」も日常的にとっています。太らないように気をつけていることもあって、ヨーグルトと違って糖や脂肪分などが含まれない成分なので、重宝しています。

この「乳酸菌生成エキス」ですが、実は生きた乳酸菌は入っていません。16種類の乳酸菌を豆乳のなかで発酵・熟成させて、乳酸菌の分泌物と菌体物質を抽出したもので、短時間で腸内環境が改善されます。この成分であれば、自分の腸内にもともと住んでいる相性のいい善玉菌を増やすことができるので、自分にあうかどうか確認する手間が省けますよ。

参考文献

  • 藤田紘一郎(2011)『アレルギーの9割は腸で治る!』大和書房
  • 藤田紘一郎(2018)『病気にならない乳酸菌生活』PHP文庫