歯周病・口臭予防

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

歯周病・口臭の原因は腸内環境?

口臭はとてもデリケートな悩み。口臭が気になるけれど、友人にはもちろん歯医者さんにも相談できないという方も少なくありません。

多くの場合、口臭の原因となるのは歯周病。歯周病にかかっている人は口臭がきつくなりがちですが、原因である歯周病が改善されれば口臭もおさまってきます。歯周病は、細菌感染によって起こる炎症で、成人のおよそ8割が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の原因は、口腔内に棲む細菌性プラークと呼ばれる歯垢の細菌感染ですが、毎日歯磨きをして口腔ケアをしていても口臭が強い人もいます。その背景にあるのは、実は腸内環境。マスクを装着するなどして口臭を嗅いだとき、オナラや便のような臭いがある場合は、腸内環境に起因する口臭かもしれません。

腸から口臭が発生するメカニズム

ひとつは、歯周病菌が腸内に入りこみ腸内細菌に悪影響を及ぼしてしまうケースです。歯周病菌が腸に入り込むと、善玉菌の働きが弱まって代謝を悪化させる悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌が増えると便秘がちになり、体内にためこんでしまった腐敗物質が原因で、きつい口臭を放つようになります。

もうひとつは、体内で発生した有害物質や悪臭ガスです。体調不良や疲れ、栄養バランスの偏った食事などにより腸内細菌のバランスが乱れると、同じように悪玉菌が優勢になります。悪玉菌が増えると、有害物質や悪臭ガスが発生しやすくなり、それが血液に乗って全身を巡り、口臭や体臭を引き起こすことがあります。

とはいえ、善玉菌ばかりを増やせばいいというものではありません。悪玉菌にも必要な役割があり、しかも善玉菌は悪玉菌と戦うことで本来の力を発揮するので、悪玉菌がいない腸は良い環境とはいえないのです。あくまでも、重要なのは腸内環境のバランスです。

腸内環境のバランスを
良くするには?

口臭のもとを断ち切るためには、まず食生活を見直すことです。普段から添加物のたくさん入った食品などを多く摂っている人は、腸内環境が乱れている可能性があります。和食には、納豆、漬物、味噌など、腸内環境を整えるのに良い食材がたくさんあります。洋食中心の人は、和食中心のメニューに替えるだけでも、改善が期待できるはず。また、手軽に取り入れられる、腸内環境を整えるサプリメントを活用するのも良いでしょう。

腸内環境を整えるための
サプリメントの種類を詳しく見る