下痢の改善

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

下痢と腸内環境の関係

下痢の症状

一般に下痢とは、便に含まれる水分量が多い状態のこと。便の大半は水分で構成されていますが、理想的な便の水分比率は約70~80%です。便に含まれる水分比率が80%を超えると、下痢の症状を示します。

下痢の種類

下痢を大きく分けると、泥状便(でいじょうべん)と水様便(すいようべん)の2種類に分かれます。泥状便とは、文字通り、泥のような便のこと。個体と液体の中間的なイメージの便です。水様便とは固形物を含まない液体状の便を指します。

なお、便に含まれる水分の比率が80~90%の場合が泥状便、90%以上の場合が水様便となります。

下痢のメカニズム

口から食道を通過して胃に送られた食べ物は、胃酸によってドロドロに溶かされます。その後、小腸に送られて栄養素が吸収されたのち、水分を多く含んだ状態で大腸へと送られます。

大腸の仕事の一つは、便の水分を吸収して固く仕上げること。ところが何らかの原因によって大腸による便の水分吸収が低下すると、水分の多い状態のまま便が排出されます。これが下痢のメカニズムです。

大腸による便の水分吸収が低下する理由

過剰なぜん動運動

便を外へと押し進めるのは、大腸におけるぜん動運動です。このぜん動運動が何らかの理由で過剰になると、大腸が便の水分を十分に吸収できないまま便が前進。結果、柔らかい状態のまま便が排出されます。

水分吸収能力の低下

大腸には便の水分を吸収する働きがありますが、何らかの理由によって大腸による水分吸収能力が低下した場合、便は水分を多く含んだ状態のまま前進します。結果、下痢の症状を示すことになります。

腸からの過剰な水分分泌

腸では、腸液を始めとする様々な水分が分泌されています。この水分分泌量が何らかの原因で過剰になると、大腸における水分吸収が間に合いません。結果、下痢となります。

下痢を引き起こす病気・症状

下痢を引き起こす原因となる病気・症状には様々なものがあります。その中でも、代表的なのが消化不良。小腸や膵臓の障害で栄養が十分に吸収されないことで発症する下痢です。

そのほか、感染症や炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、大腸がん、薬の副作用など、様々な原因によって下痢が発症します。

下痢に潜んでいる様々なリスク

下痢の背後には恐ろしい病気が潜んでいることもあります。「単なる下痢」と軽く見ずに、その他の症状なども考慮しながら、ご自身の下痢の原因を考えてみるようにしましょう。

ウイルス性腸炎・細菌性腸炎

ウイルスや細菌への感染が原因で生じる下痢。下痢のほかにも、発熱や嘔吐、腹痛などを併発することもあります。代表的なウイルス性腸炎の原因の一つとして、ノロウイルスへの感染が知られています。

過敏性腸症候群

大腸・小腸などの運動異常、知覚異常、また精神的ストレスなどによって生じるとされる症状。定期的に便秘と下痢を繰り返すなどの症状が見られます。精密検査を行っても腸にポリープや炎症などが見られないため、原因の特定は難しいとされています。

大腸がん

大腸がんが進行すると、下痢や便秘を繰り返すことがあります。便に血液が混じっていたり、体重が減少したりなど、他の症状も併発することがあります。

潰瘍性大腸炎・クローン病

大腸に慢性的な炎症が生じた状態が潰瘍性大腸炎、口から肛門までの消化器官の全てに炎症が生じた状態をクローン病。ともに大腸における炎症が原因となり、下痢を生じることがあります。下痢のほかに、発熱や腹痛、血便などを併発することもあります。

なお、下痢を長時間放置した場合、脱水症状へとつながる恐れがあります。体内から20%以上の水分が失われた場合には生命の危険があるため、激しい下痢が続く場合には、病院を受診したほうが良いでしょう。

下痢止め薬のリスク

普段から下痢ぎみの方だと、薬局やドラッグストアで手軽に入手できる市販の下痢止め薬を常備している方も多いことでしょう。いざというときに役立つ市販の下痢止め薬ですが、使い方を誤ると逆に症状を悪化させかねないので注意しなければなりません。

感染症を原因とした下痢の悪化

ノロウイルスやO-157など、感染症を原因とした下痢に対して下痢止め薬を使用すると、下痢の症状がかえって悪化することがあります。

これら下痢の原因となるウイルスや細菌は、腸の中で増殖するもの。よって下痢止め安で便の排泄を止めると、ウイルスや細菌は腸内でますます増殖し、かえって症状を悪化・長期化させます。

継続服用すると耐性がついてしまう

過敏性大腸炎などの慢性的な下痢に悩まされている方の中には、頻繁に下痢止め薬を服用している方もいることでしょう。

しかしながら下痢止め薬を継続的に服用していると、体に、主要成分への耐性がついてしまうことになります。耐性がついてしまうと、下痢止め薬の効果は低下します。

3日以上にわたって下痢が続く場合には、いったん市販の下痢止め薬の服用を止め、病院の消化器科を受診するようにしましょう。

腸内環境を整えて下痢を改善・予防するには

下痢を改善・予防するための基本は、腸内環境を整えること。腸内環境を整えるためには、日ごろの食習慣に注意するようにしましょう。

発酵食品を多く摂る

乳酸菌を含む発酵食品を積極的に摂ってください。代表的なものは、ヨーグルト、みそ、ぬか漬け、納豆、チーズ、キムチ、お酢などです。和食にはこうした食材が多く使われているので、伝統的な日本の食事を心掛けると良いでしょう。

水溶性食物繊維を多く摂る

水溶性食物繊維は、腸内環境の改善に大きく貢献すると言われています。具体的な食品としては、ごぼう、人参、ブロッコリー、切り干し大根、こんにゃく、竿芋などです。食文化の欧米化に伴い、日本人の食物繊維の摂取量は減少傾向。意識して摂るようにしていきましょう。

サプリメントを摂取する

サプリメントを使うことで、効率的に乳酸菌を摂取し、腸内環境を整えることができます。もちろん、バランスのとれた食事を心がけ、腸に良い栄養素をたっぷり摂ることも重要ですが、理想的な食事を毎日続けるというのは、なかなか大変なものです。そんな場合には、腸内細菌を育てるのに役立つサプリメントを取り入れてみるのが良いでしょう。

腸内環境を整えるための
サプリメントの種類を詳しく見る