美肌効果

美肌と腸内細菌は切り離せない関係。肌の老化やトラブルは、腸内環境の乱れと深く関わっています。腸を健康に保つことが美肌に近づく秘訣なのです。

美肌と関係のある腸内環境

肌を老化させる活性酸素を抑える

肌のコンディションと腸が関係しているなんてイメージしにくいかもしれませんが、腸を元気にすることが、肌や髪を美しく保つことに繋がります。肌の老化の大きな原因は、体が酸素をエネルギー源として利用した時に発生する活性酸素。活性酸素は酸化力が非常に強く、体の細胞を酸化させて傷つけ、老化を促進する存在です。しかし、腸が健康で腸内細菌が活発に動いていれば、この活性酸素を抑えてくれます。

美肌を助ける栄養素を合成する

美しい肌を維持するためには、代謝を促すビタミンB群、コラーゲンの生成を助けるビタミンCなどの栄養素が不可欠。これらの栄養素を体内で作り出すのも、腸内細菌の役目です。特に、ビタミンCは女性ホルモンの生成にも深く関わっているので、女性にとっては非常に重要な存在と言えます。

腸内環境を整えて腸内細菌が活発に働くようになれば、こうした栄養素が十分に供給されるようになります。さらに、腸が健康であれば細胞の再生や代謝も活性化し、血流も促進。肌だけでなく、体中の細胞に、たっぷりと栄養素がいきわたるようになるでしょう。腸内環境を整えれば、自然に美肌へと変わっていくのです。

腸内環境のバランスを
良くするには?

腸がきれいな人は、お肌もきれい。腸内環境のバランスを整えることは、美肌作りの第一歩です。腸内環境を整えるためには、発酵食品や食物繊維を取り入れた栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。また、適度な運動や質の良い睡眠、ストレスをため込まないなどの生活も心がけるとなお効果的です。
また、食事だけで補いきれない栄養素をサプリメントから摂り入れるのもおすすめ。腸に働きかける食物繊維や乳酸菌、乳酸菌を作るサプリなど、さまざまなサプリが販売されているので、上手く活用するのが大切です。

腸内環境を整えるための
サプリメントの種類を詳しく見る

参考サイト・参考文献

  • 藤田紘一郎(2013)『腸スッキリ!健康法』PHP文庫