免疫力UP! 腸内環境改善完全マニュアル » 腸内環境を改善することで得られる効果

腸内環境を改善することで得られる効果

腸の健康を保つことが大切だと分かっている人は多いですが、具体的にどんな効果があるのかを把握している人は少ないかもしれません。腸は消化・吸収の機能に加えて、全身のさまざまな健康に関わる大切な臓器です。

最近では、腸活という言葉が浸透していますが、腸を元気にすることが、体のあらゆる不調を改善できると言われています。腸には免疫細胞の70%が集まっているため、腸を健康にすることが風邪や病気の予防にも繋がっており、毎日健康に過ごせるかどうかは、腸にかかっていると言えるのです。

そして、腸の働きで重要な役割を担っているのが、善玉菌・悪玉菌・日和見菌などの腸内細菌です。良好な腸内環境を保つためには、これら3つの腸内細菌のバランスを保つことが大切です。

以下では、腸内環境改善で得られる効果をご紹介しています。腸内環境を整え、腸に良い食生活を心掛けて健康な毎日を送りましょう。

便秘改善

便秘は、運動不足や栄養不足により便を押し出す力が弱ると起こります。便を押し出す力のことをぜん動運動と言います。ぜん動運動は、腸内細菌がオリゴ糖や食物繊維を発酵して作り出す、短鎖脂肪酸という物質がサポートしており、そのため短鎖脂肪酸を作り出すためにも、善玉菌が働きやすい腸内環境を作ることが大切です。腸内環境が良い状態になれば、ぜん動運動が正常に機能し、便秘が軽くなるでしょう。

腸内環境の便秘改善効果に
ついてもっと見る

花粉症軽減

日本人の4人に1人が発症していると言われる花粉症も腸と密接な関係があります。

花粉症は、簡単に言うと免疫機能のバランスが乱れ、本来無害である花粉を有害物質だと判断し、攻撃してしまう状態です。そのため、花粉症にかかると、風邪でウイルスを追い出すのと同じように、くしゃみや鼻水が出ます。乳酸菌を摂り続けたら花粉症の症状が改善されたという報告も多く、腸内環境の改善が花粉症の改善にも繋がることが分かってきています。

腸内環境の花粉症軽減効果に
ついてもっと見る

風邪予防

腸には免疫細胞の70%が集中しているため、腸が健康だと風邪が起こりにくくなります。

現代人は、不規則な生活や偏った食生活で栄養が不足しがちなことから、腸の免疫力が低下していると言われています。腸内環境を整えて、風邪に負けない強い体を作ることが大切です。

腸内環境の風邪予防効果に
ついてもっと見る

疲労回復

腸内環境が悪化すると、疲労や下痢などを引き起こすことがあります。今、調査が進められている慢性疲労症候群という病気は、免疫細胞が過剰に働くことで疲労感を起こすと考えられています。腸が不健康で、免疫力が弱まっているとこのような病気が起こる恐れがあります。

腸内環境の疲労回復効果に
ついてもっと見る

冷え予防

栄養バランスの良い食事を摂り、腸で行われる消化・吸収・代謝のサイクルがうまく回っていると、栄養素が血流に乗って全身をかけ巡ります。代謝が正常に機能しているときは、末端の毛細血管までしっかり栄養素が運ばれ、体温も保てるため、冷え性になりにくくなります。

腸内環境の冷え予防効果に
ついてもっと見る

美肌効果

腸内環境が良い状態だと、善玉菌が優位に働きます。善玉菌は細胞の再生や代謝に働きかける、ビタミン類を作る働きがあり、美肌づくりにも貢献してくれます。代謝が良くなると血流が促進され、毒素が排出されるので、ニキビ、吹き出物、くすみ、乾燥といった肌トラブルが起こりにくくなります。さらに、基礎代謝が上がることでむくみも予防できるなど、女性にとってはメリット満載です。

腸内環境の美肌効果に
ついてもっと見る

歯周病・口臭予防

腸内環境が乱れると、悪玉菌が増え代謝を悪化させ、悪臭ガスが発生します。この悪臭が血液に乗って全身を巡ると、口臭や体臭を引き起こします。口臭の元となる歯周病は、口腔内にある歯垢による細菌感染が主な原因ですが、腸の環境の悪化でも起こることがあります。腸内環境が整えば、善玉菌が増え、腐敗物質がため込まれることがなくなるため、口臭が軽減できる可能性があります。

腸内環境の歯周病・口臭予防効果に
ついてもっと見る

ストレス軽減

ストレスは、さまざまな身体の不調を引き起こす要因のひとつ。ストレスは腸内環境と密接な関係があり、腸内環境を整えることは、ストレス対策としても重要です。ストレスの原因や種類、対策の方法についてチェックしておきましょう。

腸内環境のストレス軽減効果に
ついてもっと見る

下痢の改善

腸内環境の悪化は、下痢の症状を引き起こす原因。むやみに薬に頼るよりも、腸内環境を整えることで予防・改善に努めるように心がけましょう。

腸内環境の下痢改善効果に
ついてもっと見る

鬱の改善

近年の研究で、鬱と腸内環境の関係が明らかにされつつあります。腸内環境の視点から、鬱を予防・改善する方法を解説いたします。

腸内環境の鬱改善効果に
ついてもっと見る

サイト監修者
藤田紘一郎先生に聞いてみました

当サイトの監修者・藤田紘一郎先生は、腸内環境の専門家。ここでは、腸に関する素朴な疑問について先生に詳しく解説していただきました。ぜひ、腸内環境改善のために役立ててください!

藤田紘一郎先生

藤田紘一郎先生

東京医科歯科大学名誉教授。寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学を専門分野とし、公衆衛生や腸内環境に関する多数の著書を執筆しています。過去に、自らの腸で15年にわたってサナダムシを飼育したという経験を持つ、腸内環境のエキスパートと言うべき研究者です。

腸内環境を改善するのにどのくらい時間がかかりますか?

完全に作り変えようとすれば2週間ほどかかります

「体質改善には時間がかかる」という話をよく耳にしますが、腸内環境を変えるのに、それほど時間はかかりません。完全に作り変えようとすれば2週間ほどかかりますが、食生活や精神状態などの影響を受け、基本的には毎日変化しています。

過去に、世界でもっとも大腸がんになりやすい種族の方を対象にして、食生活を変える実験が行われました。その結果、たった2週間でまるっきり腸の状態が変わっていたんです。

私が善玉菌を増やすのにオススメしている「酢キャベツ」。これは食物繊維と酢酸(短鎖脂肪酸)が摂取でき、腸内環境の改善にピッタリの食べ物です。これを毎日食べる実験でも、それ以外の生活習慣は変えずに、2週間で腸内環境が改善し、ダイエットにも成功しました。

参考サイト・参考文献

  • 藤田紘一郎(2011)『アレルギーの9割は腸で治る!』大和書房
  • 藤田紘一郎(2013)『腸スッキリ!健康法』PHP文庫